三度目の沢にて。

荒川大悟

 

 

一度目。

最下流から入ってみました。

初めて訪れる沢は、ブラキストン408ULにダリア45SSで状況を把握していくのが、自分なりのスタイルです。

すると、アマゴかいくらか相手をしてくれたので、

少しずつ上流を開拓していくと上流にはイワナがいて、

もう一つ枝沢を発見。

また次回はここから先を楽しみにし、この日は帰路につきました。

 

二度目。

枝沢から釣りを開始します。

イワナが中心となり、ダリア45SSをくわえ、ロッドを曲げてくれました。

釣り上がるにつれ、水量がかなり乏しくなり

『 引き返そうか・・・』と考えはじめた辺りから、

ちょっとした場所のいくつかで、何度か目を疑うような魚影を確認。

しかし、気配に気づかれたり、一度しか追ってくれなかったり、

最後にはバラしてしまい、次回の課題としてこの日は帰ることになりました。

 

三度目。

全日に雨が降り、状況は悪くないはず。

そう考え枝沢へ出かけると予想通り水の状況がよい。

“ 三度目の正直 ” を信じつつも、

“ 二度ある事は三度ある ”という可能性にも少し不安を感じました。

ロッドは信頼のブラキストン408UL。

ダリア45SSは、前回までイワナカラーを使っていたものを、

今回はやや派手な色の入った実績のTSカラーへ変えてみて、

再チャレンジしました。

 

なんとなく魚が付きやすいポイントはイメージできており、

同じポイントから同じようなイワナが出てきてくれました。

その中で、前回気配に気付かれてしまったポイントで、

色艶の良い、この沢としては驚くようなイワナがダリアを襲いました。

 


流れの中で記念写真を撮らせていただいて、丁寧にリリースしました。

清々しい夏の一日でした。