平成最後のサクラマス

4月に入り、本州では例年よりも少し早く桜が満開を迎えていました。

 

平成最後のサクラマスを狙ってみよう。

初めてチャレンジする河川で釣れたらいいなぁ

という甘い考えで北陸の河川へ行きサクラマスだけの遊漁証を買ってみました。

 

川の規模から想定し、ロッドはブラキストン706MLだけで上流の瀬から下流の太い流れまで対応できると見込んで準備をしました。

まずは上流から入れそうな瀬を、

9センチクラスのフローティングミノーやシンキングミノー、

深瀬ではミディアムディープミノーで探りながら下流へと向かいました。

思った通り、ブラキストン706MLには打って付けの流れや規模で、

ストレスなくミノーにアクションを加えられます。

しかしながら、鱒からの反応はなく、だいぶ下流まで来てしまいました。

さすがに下流域まで来ると川の流れは太くなり、水深もだいぶ深くなってきました。良さそうなポイントをいくつか見ながらルアーを投げてみます。

706MLはバーサタイルなルアーセレクトが可能なので、

スナップへ23gのスプーンを付け広範囲を底まで探れます。

そして気になる場所で

スプーンから9センチのディープダイビングミノーへと切り替えた時の事です。

“ コツン ” という感じの繊細なアタリがありました。

これを逃さずアワセを入れると、グングンと首を振る感じの鋭い引きが来ました。

ブラキストンのバットパワーには信頼があります。

余裕を持ってやりとりしながら無事ランディングできました。

 

 

初めてチャレンジした河川でのサクラマス、嬉しさも一入でした。

 

 

タックルデータ
ロッド: ブラキストン706ML

リール:カーディナル44X

ルアー:ディープダイビングミノー9cm

 

荒川大悟