1DAYCUP

前田洋一

D- CUP当日はスタッフとしての作業があるため釣りに参加できない。
そこで前入りした僕は「調査」という名目でロッドを持って支笏湖に立った。

波も無く気温も低い。

本命の福ゼミでスタートするとウグイが頻繁にアタックしてくる。

シャローにも小さなアメマスが群れていて、

軽量ルアーをキャストすると常に複数匹がチェイスしてくる状態だ。
これでは大型が出る可能性は低い。

 

明日の打ち合わせもあるため時間が限られている・・・

『せっかく来たのだからなんとか爪痕くらいは残したい…。』

そう考え最終手段として繋いだのは140mmのミノーだった。

 

フルキャストして2・3回アクションを加える。

ストップさせた瞬間に待望の大きなアタリがあった。

沖に向かって突っ走るファイトを慎重にいなし、

ネットインしたのは良型のブラウン。

気持ちよく大会当日のテント設営もすすんだ。

しかし、あのミノーに食った魚の少し後。

福蝉に浮上したものの喰わせそこねた超大型のブラウン…

あれを近いうち必ず…。