山歩き。山ウド。

福士知之。

山の斜面が青々としてくると、

やっぱり魚よりも山菜に頭が向きます。

香りが素晴らしい 山ウド。

美味しいのはこれくらいの長さまでですね。

 

 

ウドは、捨てるところがありません。

茎を酢味噌和え。

 

 

 

 

葉はタラの芽などと一緒にてんぷらに。

 

 

 

皮はキンピラにするととても美味しいです。

 

 

 

若芽のところは胡麻和えです。

 

山ウドはもうそろそろ終了の時期ですね。

 

 

まとまって生えてるものは2株残す。

葉がボーボーに伸びたのも皮が硬く美味くないので

採らない。

 

欲張らずに節操よくすると、ちゃんとこの先も採れます。

 

山菜も魚も、後先を考えましょうね。