海サクラマス。5月。

福士知之

 

まだ日本海に通っている方も多い海サクラマス。

今期の日本海は過去に無いほど魚が立派だけに鱒の群れと一緒に北上している方も多いかと思います。僕の知り合いもそのくちです。

スプリングカップの結果を見ると分かるように

上位の方は皆さん5kg台とウソみたいな数字ですよね(笑)

これから太平洋のシーズンにもなりますが、太平洋ではMAXで3kgに届くかどうかといった感じですので、さすがに4kg 5kgは狙えない。

皆さんいまだ日本海へ向かうのも分かります。

 

僕も、連休明けにまた日本海へ行ってきました。

手前の古い群れはスレているので、沖目を狙った方が効率が良いので今回のタックルはロッドを強い方にしました。

ロッド Blakiston SW-100H

リールDAIWAイグジストLT4000CXH

ライン VARIVAS MAXパワーPE1.2号+ストリームショックリーダー20lb

といった感じです。

スペーサーシステムを覚えればメインラインをもう少し細く出来そうですね。

 

 

朝の5時半頃ですね。

後ろの山から冷気が降りてきている時間帯にヒット。

3kg中盤。じゅうぶん立派なんですけどね。

5kgは遥か先ですねぇ…

『今年はシッカリ計ったほうがいいよ』

そういわれ友人がプレゼントしてくれたデジタル計量器が

感動や喜びを一気に削ぎ落としてしまいます(笑)

 

ルアーは福ナゴの38g。やっぱりジグミノーが好きです。

来年、楽しみにしていてくださいね。

 

それと、友人に聞かれたサクラマスの重量の目減り。

血抜き前 と 血抜き後 でどれほど変わるのか?ですね。

せっかくデジタル計をもらったので計ってみました。

 

血抜き前 3390gのこの魚、

完全に血抜き後、しばらく放置して3284.8gです。

約3.1%の減少。

まぁマスはこんなものだと思いますよ。

せいぜい2kg~5kgくらいの魚ですから、

おそらく2%後半~4%未満の減少だと思います。

※ちなみに知人の4.1kgは、約3.7%の減少だったそうです。

 

マグロみたいデカイ魚はドバドバと血が出るので相当変わるのでしょうけど、

鱒なんかは5kgクラスの魚でも200gちょっとの目減りじゃないでしょうか。

計りの無いときの目安になればと思います。

 

サケは血がドバドバ出るのでもう少し減るんじゃないでしょうか。

秋に仲間と実釣計測してみます。