海サクラ第2戦+ユニセーム

先週に続いて今期2回目の海サクラマス釣りへ行ってきました。

念のためですが、蝉もバッタもシッカリと作業しております。

まだまだ気温・湿度が低いので

1回のディッピング毎に、乾燥のため中2日必要とするのです。

 

サクラマスのほうですが、今回も釣れてくれました。

ありがたいことにこの釣りはホント相性が良くハズレがほぼ無い。

一番大きくて55cm

秤に吊り下げるまでも無くスリムです。

魚のサイズは選べませんが、今年は細い魚ばかり掛かります…

太い奴が釣りたいですね。

ルアーはフルベイトのグリーン+ピンク色。

このほかに47cmが1本と40そこそこのリリースサイズが3本。

これらは 福女子とD3カスタムジグ28gのオイルピンクです。

28gメインなので今回のロッドは最初からブラキストンBKT-SW100MHを選択。

アタリは全てひろい全キャッチ。僕にはこちらの機種が向いてます。

 

さて、帰ったきたら ロッド・リール・ルアー等々、

タックルをシッカリと水洗い。

塩害防止でちゃんと洗ってますか?

ロッドグリップはEVA・コルク問わず放置しておくとなかなかの臭いになります。

『サクラマスの鱗マークが綺麗だぜぇ~』

なんて、放置して染み付くと臭いが取れませんので洗いましょうね。

 

 

洗ったらすぐに拭き取り。

僕は洗車用のユニセームを愛用してます。

ロングセラーのこれですね。

このユニセーム、知ってのとおり超優れものなので、

自宅のみならず、海釣りの時には海サクラ・エギング問わず

釣りの最中は必ずゲームベストの中に入ってます。

 

よく、タオルや手ぬぐいをぶら下げてる方が居ますが

一度濡れたら終わりですし、洗っても汚れが取れ難いですよね。

でもこれは、

●汚れた手を洗った後。

●頭から波をかぶってレインウェアの中まで濡れたとき。

●車に濡れ物を積み込む際。

拭けばすぐに水気を取ってくれます。

そして、汚れたユニセームは海水でザブザブ洗って絞れば瞬時に復活。

なので、魚をさばいた後の手洗い時などは時に重宝してます。

こんな便利なものを洗車だけにしておくのはもったいないですよ。

濡れ汚れたタオルは車内に持ち込むといつまでも臭いですからね。

 

あ、下ろしたての新品は硬くて使い心地が悪いので、

少々自宅で使用したものが良いですよ。

 

ユニセーム。釣り道具としてもお勧めです。

 

 

福士知之