ウェーディングシューズ。

ウェーディングシューズを新調しました。

今年は パタゴニア のものです。

ハイトが高く、足首までシッカリ固定されるのが良いですよね。

そしてシムスなんかに比べると随分と軽いです。

長時間の渓流の遡行に向いていると思います。

 

フェルトが薄いので、

僕は新品のうちに自作のフェルトソールをさらに上から貼り付けてあります。

そう。二重になってます。

『フェルトが厚すぎて 水を吸ったら重いんじゃないか・・・』

と思われるかもしれません。

確かに通常時より重くなります。

でも、僕の持っているシムスより軽いです。

もともとのフェルトも薄目なのとスパイクではないので

交換が面倒な人にはお勧めです。

交換方法は、

旧ブログページ

http://tfukushi.blog113.fc2.com/blog-category-8.html
2017.08.30 シムス&コーカーズのソール交換

をご参照ください。

 

なかなか快適なこのシューズ。

数回使用して気が付いたことは、

①水抜き穴が空いていないこと。

②靴紐が滑りやすいこと。

この2点でした。

なので、僕は後から水抜き穴を自分で空け靴紐も交換しました。

それ以外はとても快適で歩きやすいシューズです。

良いですよ。