エリア から ネイティブ へ。

はじめまして。スタッフ水野です。

 

 

俳優の金子貴俊君とは数年のお付き合いをしている。

先日久々に食事に行った時、釣りを始めたと聞いた。

その後、食事の会話は終始釣りの話ばかり。

当然『今度一緒に釣りに行こう!!』

と言う話になるのは当然の事であった。

 

貴俊君はエリアでトラウトフィッシングを楽しんでいた。

私は彼に「どうせ俺と行くならネイティブでしょ」

彼は「是非~行きたい~」

そんなことで山梨県の川へ。

 

彼は素晴らしいタックルを持ってきていた。

しかしロッドもルアーも全てエリア向きのもの。

 

 

そこは適材適所である。

彼にブラキストンとルアーを渡し

『今日はこれで楽しもう!!』

 

まだ彼は半信半疑。

 

さてさて実釣。

試しに一応ポケットに忍ばせてもらっていた、

彼の0.6gのスプーンを使ってもらった。

 

 

このポイントは川幅15m位で重い水流と水深のある流れ。

ご承知の通り、狙ったポイントに飛ばしにくいし、

ルアーは水に馴染まず弾いてしまう。

 

そして次にD3カスタムスプーン7gにチェンジ。

 

3投目でヒット。

 

勘の良い貴俊君は、直ぐに理解。

 

ネイティブでは様々なルアーと数種の重さも必要。

そして、その使いたいルアーと流れを攻略するために、

ロッドの強さと長さをチョイスすることが重要。

 

ここまで理解してしまうと、楽しくてしょうがない。

この日はイブニングまで楽しんでいた。

 

 

そして数日後に続く・・・