とりあえず福蝉シャローあれば・・・

GYZEのRyojiです!

 

相変わらずブラウントラウト狙いで

本流でのトラウトフィッシングを楽しんでます。

いきなりですが・・・・

ついに自己記録70cmブラウンが釣れました!パチパチパチパチ

雨とかの影響で蝉が鳴いてない?

いや、関係ないです。(笑)
このひと月はほぼ福蝉シャロー様で釣果上がってます。

本家の福蝉と何が違うのか?

 

まずリップが付いてます。

 

ついついリップがあるから巻いて釣りたくなる。

というのがルアーフィッシャーマンの性じゃないかな?と思いますが

僕は絶対に巻きません。

じゃあ何の利点が!?

 

福蝉より重いから飛ぶんですよね。
痒いところに届くのが痛快です。

 

ドンの福士さんに聞いたところ

『 ほぼ重りとしてリップ付けた。』

その言葉に妙に納得できました。

 

キャストしたら絶対にルアーにテンションが掛からないように

ラインをたわませて、川と同じ速度でルアーを流します。

癖で着水後にラインスラックを取ってた時期は

ルアーが不自然に動いて中々魚の顔を見ることができませんでした。

ちなみに僕が好きなカラーは第四、エゾハル、羽化の3つですね。
共通してるのが地味ってことかな?

そういえば支笏湖で最初に釣ったときも同じカラーの福蝉シャローだった・・・

 

こうにも思い出の1匹がこのルアーで釣れると

もはや信頼度100なので生涯スタメンルアーだし。

もう、手放せませんよね?。

 

そう、

こうして僕は福士さんにまんまと釣られた訳です・・・・

 

Ryoji