試行錯誤

小林孝平

 

7月を振り返ると

気温もなかなかあがらなかったり

まとまった雨が降り続き川の増水

濁りに苦戦する日

が多く満足のいく釣りはできていなかった。

 

そんな中、

なんとか釣りが成立する場所を考えると

やはり上流域や支流がセオリー。

 

でも行ってみると水量が予想より多く

厳しい結果で帰宅するときもあった。

 

反省・改善しどうしてもこのルアーで釣りをしたいと考える。

考えた結果バランサーフックを装着し水深があっても早く沈め、

アピールする時間を稼ぐ作戦にたどり着き早速フィールドで確かめてみることに。

 

結果はやっぱりコレでよかった。

と、一安心の反応!

 

早く夏が来ないかと思いながら帰路につく。